【トップページ】 憲法会議の概要 最新の
活動報告
今後の予定 市民
講座
総会決議 過去の
活動報告
声明文
入会のお誘い 会員の方々へ リンクの
ページ
京都の取り組み
掲示板
くらしと憲法 時事解説 講師派遣 出版
書籍
連続チラシ
シリーズ
←New!


 

 

 京都憲法会議では、国会の憲法調査会の動きを市民の側から調査する意味もこめて、

2000年5月より、『憲法市民講座』を開催しています。

2003年5月より、第四期が始まりました。


第四期(2003年度)

テーマ 講師
第1回  5月16日 『個人情報保護法案の現段階』 大江洋一さん(弁護士)
第2回  9月19日 『労働法制の改定を考える』 吉田美喜夫さん(立命館大学教授)


第三期(2002年度)


テーマ 講師
第1回  5月17日 『有事法制の内容とその背景』 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授)
第2回  6月14日 『有事法制とこれからの日本経済』 二宮厚美さん(神戸大学教授)
第3回  9月27日 『軍隊を捨てた国
   −コスタリカの人権と平和政策』
澤野義一さん(大阪経済法科大学教授)
第4回 10月18日 『「心のノート」と道徳教育をめぐって』 辻 健司さん(京教組副委員長)
第5回  1月31日 『ブッシュ戦略とイラク情勢』 戸田昌基さん(京都平和委員会)
第6回  2月25日 『有事法制廃案の展望』 岩佐英夫さん(弁護士)
第7回  3月20日 『地方税財政改革の潮流
−「三位一体」改革をどう読むか−』
森 裕之さん(大阪教育大学助教授)

 

第二期(2001年度)


テーマ 講師
第1回  6月22日 『現在の改憲動向と小泉政権』 上田勝美さん(龍谷大学教授)
第2回  7月13日 『首相公選制を考える』 奥野恒久さん(龍谷大学非常勤講師)
第3回  9月28日 『揺れる教育改革
      −矛盾に満ちた教育現場』
春日井敏之さん(立命館大学助教授)
第4回 10月19日 『ハンセン病訴訟の軌跡
 −国家による人権侵害との闘い−』
吉田肇さん(弁護士)
第5回 12月14日 『どうしたら日本は守れるか
     −自衛隊は本当に必要か−』
加納たけしさん
   (文化団体連絡協議会事務局長)
第6回  1月25日 『改憲論の現段階をめぐって』 木藤伸一朗さん(京都学園大学教授)


第一期(2000年度)

京都憲法会議では、国会の憲法調査会の動きを市民の側から調査する意味もこめて、2000年5月より月1度のペースで、連続8回の市民講座を開催してきました。

皆様方のおかげをもちまして、今年度の講座を終了することができました。ありがとうございました。

また、最終講座には、衆議院憲法調査会事務局の方々にも参加いただきました。今後も、ぜひ市民の立場から調査活動が行われるよう期待しています。

テーマ 講師
第1回  5月19日 『憲法は押しつけられたか?
    −日本国憲法の制定過程−』
山下健次さん(立命館大学教授)
第2回  6月16日 『平和のために軍隊は必要か?
             −平和主義−』
上田勝美さん(龍谷大学教授)
第3回  7月28日 『プライバシーから情報公開まで
     −情報をめぐる憲法問題−』
木藤伸一朗さん(京都学園大学助教授)
第4回  9月22日 『「教育改革」でこども・学校は
             どうなる?
     −教育をめぐる憲法問題−』
辻 健司さん
     (中学校教諭・京教組副委員長)
第5回 10月20日 『国民主権、選挙権、選挙制度』 永田秀樹さん (立命館大学教授)
第6回 11月30日 『こころの中はどこまで自由か?
           −精神的自由−』
中島茂樹さん(立命館大学教授)
第7回 12月22日 『規制緩和で働く人はどうなる?
          −労働者の権利−』
倉田原志さん(立命館大学助教授)
第8回  1月19日 『憲法は変えた方がいい?
        −改憲論者の内幕−』
大久保史郎さん(立命館大学教授)

 

 トップページへ戻る